検索
  • kobayashishigeo

第3回 デジタル資産を考えてみよう

8年ぶりに首相が代わり、新しい内閣が発足しました。菅さんが力を入れているデジタル庁の創設によって日本のデジタル改革が今後進むことを大いに期待したいものです。


今回は、デジタル資産について考えてみましょう。デジタル資産とは、コンピューターのデータベースに記録されている電子化された金融資産であり、パソコンやスマートフォンでアクセスすることができます。つまり、電磁的に記録保管されている資産でインターネット経由で取引できる資産の総称です。

典型的なデジタル資産として、ネット銀行の銀行口座に預けている銀行預金や投資信託、ネット証券の証券口座に預けている株式や預け金、投資信託等がありますが、それ以外にも様々なデジタル資産が存在します。

たとえば、それ以外の代表的なデジタル資産としては、楽天エデイとかの電子マネーや仮想通貨(暗号資産)外国為替証拠金(いわゆるFX)などがあります。

若い方はこれらのデジタル資産を抵抗なく使いこなしまた保有しておられる方も多いと思いますが、最近は年配の方も積極的にこれらのデジタル資産を使っておられるケースが増えてきています。その理由としては、銀行取引で言えば、金利が高いということがあります。インターネットの銀行は、都市銀行や地方銀行に比べて、店舗や人件費等の固定費が不要なので預金者に高い金利を提供することができます。

皆さん、あまり低すぎて興味がないかもしれませんが、日本の銀行の普通預金の金利を調べてみました。

ネット銀行の金利が高いことが良くわかります。

こんな感じになっています。

銀行名 普通預金の金利


あおぞら銀行BANK支店 0.20%

SBJ銀行 0.02%

楽天銀行 0.02%(マネーブリッジで0.1%)

オリックス銀行 0.01%

三菱UFJ銀行 0.001%

三井住友銀行 0.001%

みずほ銀行 0.001%

ゆうちょ銀行 0.001%

上記からわかりますが、たとえばあおぞら銀行のBANK支店の普通預金の金利は0.2パーセントです。三菱UFJ銀行の普通預金の金利が0.001パーセントに比べてすごく高いことがわかります。一般的には都市銀行の普通預金の金利は年0.001パーセントに設定されているようです。ネット銀行と都銀とではずいぶんと差がありますよね。

最近は、年配の方もパソコンやスマートフォンを使いこなす方が多くなってきましたし、また、年配の方は普段時間が十分にあるために、その便利さに気づくと大いに利用される傾向にあるようです。年金で生計を立てておられる年配の方がより高い金利を求めてインターネット上にデジタル資産を保有されるケースはこれからはますます増加していくことと思います。

 デジタル資産は、インターネット経由で取引でき、自宅にいながら取引できるのでとっても便利ですし、外出しなくて済むのでアフターコロナの時代にピッタリだと思うのですが、皆さんの相続のことを考えるといろいろと問題もあります。このデジタル資産をどうやって管理すれば良いのかという点です。というのが、最近のドコモ口座の事件に見られますように、デジタル資産は不正アクセスによるリスクがあるからです。次回はこのデジタル資産のリスクについて考えてみたいと思います。

令和2年9月17日(木)

公認会計士

小林茂夫

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

第23回 子供が必要な時に住宅購入の資金援助をしよう

日本のような高齢者社会においては、親の資産を子供に移すタイミングを十分考える必要があります。相続の時まで資産の承継を待っていると親が90歳で亡くなり相続が生じた時には子供は60歳を超えているということもめずらしくなくなるでしょう。60歳をこえてから子供が多額の資産を相続してもすでに子育てが終了して、住居も購入済で、その相続した資産を有効に活用できないかもしれません。親の年齢と子供の年齢にもよります

第22回 遺留分対策は生命保険を使ってみよう

最近の相続法の改正により、遺留分の考え方が大きく変わりました。遺留分というのは、相続人が最低限もらえる財産で、最低限の相続権というべき権利です。遺留分の割合は、直系尊属だけが相続人のときは3分の1でそれ以外のときは2分の1です。 直系尊属は、難しい言葉ですが、父母(おとうさん、おかあさん)、祖父母(おじいちゃん、おばあちゃん)、曽祖父母(ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん)など直接の祖先の系列にあ

第21回 無解約返戻金型定期保険を活用しよう

生命保険金を相続税対策に利用する場合、その目的として、相続税の対象財産を減少させることと相続税の納税資金を確保することがあげられます。たとえば、土地建物等の不動産をお子さんが購入する際に資金援助目的で、援助した資金部分を共有登記にしているケースがあります。親が購入価額の50%の現金を拠出し、お子さんが住宅ローンを組んで50%の資金を出した場合です。この場合、お子さんの物件は、親50%とお子さん50

アクセス

〒160-0023 

東京都新宿区西新宿3-9-7​      BIZ SMART 西新宿

 

電話&ファックス

電話番号  :03-3370-3833

ファックス: 03-3370-3833

連絡先

 kobayashishigeo@ms02.jicpa.or.jp