検索
  • kobayashishigeo

第21回 無解約返戻金型定期保険を活用しよう

生命保険金を相続税対策に利用する場合、その目的として、相続税の対象財産を減少させることと相続税の納税資金を確保することがあげられます。たとえば、土地建物等の不動産をお子さんが購入する際に資金援助目的で、援助した資金部分を共有登記にしているケースがあります。親が購入価額の50%の現金を拠出し、お子さんが住宅ローンを組んで50%の資金を出した場合です。この場合、お子さんの物件は、親50%とお子さん50%の共有登記になっていると思います。遺言書でその親の共有部分の持ち分を子供に相続する場合、金額にもよりますが、お子さんに相続税がかかるケースが出てきます。このような場合に有効な対策の1つとして生命保険金を活用する方法があります。生命保険の選択肢の代表的な商品としては次の2つがあります。

➊一時払い終身保険

❷無解約返戻金型定期保険

これらの保険商品をどのように相続税対策に活用していくかについて具体的な例をあげて解説します。

たとえば、ある相続税対策を検討しておられる60歳のAさんが、私の提供する相続税試算サービスを利用した結果、息子さんの相続税が5百万円と試算されたとします。この場合の息子さんの納税資金の確保の方法としては、以下の3つのパターンが考えられます。

➊ある銀行口座に5百万円を預金しておく。(遺言書でその5百万円を息子に相続させる。)

❷一時払い終身保険5百万円に加入する。(契約者はAさんで保険金受取人を息子とする)

❸無解約返戻金型定期保険に加入し、たとえば90歳まで30年分の保険料を預金しておき自動引き落としで保険料を支払う。(契約者はAさんで、受取人を息子とする)

では、それぞれのケースごとに、そのメリットとデメリットを考えていきましょう。

まず➊の納税予定額の5百万円を預金する方法ですが、保険にも入らず何もしないということですから、メリットとしては、保険料を支払う必要がないということです。また、この預金を遺言書で息子さんに相続させれば息子さんの納税も支障はありません。また、預金ですから、何か資金が必要になったときにいつでも使用できます。まあ、何もしなくて良いですから楽ですし、多くの方が結果的にこの方法で納税資金を対応されているというのが現実ではないでしょうか?


デメリットというわけではないのですが、このパターンだと前述した相続税の非課税枠を使用しませんから、当然のように5百万円の預金残高が相続財産に加算されて相続税を支払うことになります。別に損をしているわけではありませんのでこれは納税資金を預金で息子さんに残してあげるという立派な相続税対策と言えるかもしれません。

次に、❷の一時払い終身保険5百万円に加入する方法です。この最大のメリットは、保険料の一時払いによって相続財産がその保険料を支払った瞬間に5百万円減少します。さらに、相続が起こったときに息子さんが保険金を5百万円受け取ることになりますが、これは非課税枠があるので相続税が課税されません。つまり、相続財産を5百万円減少させると同時に納税資金も非課税で手当てできるというダブルメリットがあるのです。また、終身保険ですので、Aさんがお亡くなりになるまで保険契約は続きますので、いったん一時払い終身保険に加入すると相続対策は万全であると言えるでしょう。したがって、相続対策にこの一時払い終身保険を利用する方は多いようです。さらに、通常は解約返戻金がありますので、Aさんが急遽資金が必要となった場合も安心です。解約返戻金の額は、いつ解約するかによってその額は異なりますが、たとえば、JA共済の一時払い終身保険の場合を例にとりますと、60歳で一時払い終身保険500万円に加入した場合、10年後の70歳時点での解約返戻金は490万円となっていますのである程度まとまった額が手にできます。


デメリットとしましては、一時払いの保険料が高いということでしょうか? たとえば現時点ではJA共済で、60歳時の一時払い保険料として476万円が必要となります。早急に相続税対策でまとまった資金を用意できる場合は、ダブルメリットもありますし、有効な相続税対策となると思います。また、個人的には、後述する無解約返戻金型定期保険と比べますと、契約してすぐにAさんが亡くなった場合、保険コストがかなり割高になる気がします。死亡保険金が500万円出るので別に損をしている訳ではないのですが、少ない掛け金で大きな保障という保険のイメージからは割高に思えるのではないでしょうか?さらに、このマイナス金利の時代ですから、この商品を扱っている保険会社も少なくなってきていますし、高齢になってきますと、一時払い終身保険5百万円に加入するのに保険料が5百万円以上するケースもあるようです。保険コストが高いというのがこの商品の最大のデメリットといえるかもしれません。

最後に、❸の無解約返戻金型定期保険に加入し、30年分の保険料を預金しておく方法です。別に、30年分の保険料を預金しておく必然性はなく、保険料は月払いとか年払いとかできますのでその都度保険料を支払っていけばよいだけの話なのですが、ここでは、前2つのパターンとの比較のためにそのような方法を例示しています。この方法の一番のメリットは保険料が安いということです。たとえば、エヌエヌ生命の無解約返戻金型定期保険を例にとりますと60歳で契約して90歳までの30年間の契約とした場合、現時点では30年間の保険料は年間123,000円ほどであり、30年間の総額で369万円となっています。つまり、369万円をある預金口座においておき、毎年保険料を自動引き落としにすれば、相続対策としては十分です。90歳までの30年間の契約ですが、資金が必要となった場合は、保険契約はいつでも解約できますし、その場合、預金口座の残高は自由に利用できることになります。拘束される預金の額も最初の何もしないパターンの500万円と比較して130万円少なくてすみます。また、Aさんが亡くなった場合に息子さんが受け取った500万円は相続税の非課税枠が使用できるので相続財産に算入されません。加入してすぐにAさんが亡くなった場合は、わずか12万円ほどで息子さんは500万円の保険金を手にすることになり、極めて低コストで500万円の財産が無税で取得できることになります。ここでは、30年間の保険料369万円を保険料の引き落とし専用の別口座に保管することを前提に話していますが、まとまった資金がなければ当座の年払い保険料年間123,000円を用意すればいつでも始められます。つまり、拘束資金のハードルが非常に低いのも特徴です。デメリットとしましては、低額とは言え、毎年保険コストがかかります。保険商品を利用するのですからこれは致し方ないといえるのかもしれませんが。

こうやって比べてみると、一時払い終身保険との比較では❸はメリットがあるような気がします。一時払い終身保険の利用を検討しておられる方は、❸との比較を検討してみたらいかがでしょうか?

令和2年10月26日(月)

公認会計士

小林茂夫

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第31回 配偶者居住権を検討しよう

配偶者居住権は、平成30年の相続税法改正で作られた相続人である配偶者のみに認められた権利です。配偶者居住権とは、それまで居住していた建物全部に無償で住める権利をいいます。建物全体を使える権利です。注意すべき点としては、配偶者居住権が対象となる建物は、被相続人が単独所有していた建物に限られることです。配偶者以外の者と共有していた物件については対象となりません。 配偶者居住権ができた背景としては、平均

第30回 財産をコントロールしよう

相続税対策を検討するにせよ、家族信託の利用を検討するにせよ、ご自分の対象となる相続財産には何が幾らぐらいあるのかを把握しておかなければ始まりません。特に昨今は、平均寿命が延びてきており、自分が存命中にあといくらのお金を使うことができるかも知っておかなければ安心できません。平成元年のデータで、男性の平均寿命は81.4歳、女性の平均寿命は87.5歳となっています。これは平均寿命なので、実際に元気で活動

第29回 家族信託を検討してみよう

家族信託は、認知症対策として最近注目されてきています。具体的には、たとえば、認知症対策をしたい父親が息子に相続財産を管理してもらうために、信託契約を締結し、父親が認知症になった後も息子が父親の信託財産を管理できるようにする手法です。次のようなプロセスをたどっていきます。 1 信託契約の締結 父親を委託者兼受益者、息子を受託者として信託契約を締結します。この信託契約の締結により次のような効果がありま