検索
  • kobayashishigeo

第20回 生命保険の非課税枠を活用しよう

相続税対策に生命保険が極めて重要な役割を果たしていることは相続税の専門家にとってある意味常識です。皆さんが生命保険を利用する場合、次の2つのことを理解しておくことが大切だと思います。ここでは皆さんが理解しておくべき生命保険の活用法をわかりやすく解説していきます。

相続税対策に生命保険を使う場合、まず理解すべきは、なぜ生命保険が相続税対策に有利なのかというその相続税の仕組みを知ることです。被相続人が亡くなることによって支払われる生命保険金はその保険料を被相続人が支払っていた場合は、通常は相続税の課税対象となります。しかしながら、この死亡保険金には非課税枠があります。この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)の場合には、全ての相続人が受け取った保険金の合計額が次の算式によって計算した非課税限度額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。


500万円 × 法定相続人の数 非課税限度額


なお、ここで、法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。また、法定相続人の中に養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいるときは1人、実子がいないときは2人までとなります

このことを逆に言えば、非課税限度枠の枠内の保険金であれば相続税はかからないことになります。法定相続人1人当たり500万円までは相続税はかからないのです。ただし、相続人以外の人が取得した死亡保険金には非課税の適用はありませんので注意が必要です。


これを利用して、相続税の対策をすることができます。たとえば、法定相続人が奥さんと子供3人の場合は法定相続人は4人ですから、500万円 ×4人の2000万円までが非課税です。ご主人が2000万円の保険に入ることで、受取人を奥さんと子供3人にすることで受取保険金を非課税にすることができるのです。


もう一つ理解しておくべきことは、この相続税対策に使える保険はどのようなものがあるかです。保険商品は、時代とともに変化していきますし、最近は、個人に合わせて保険商品を設計して提供する保険会社が増えているために、具体的に保険会社にコンタクトして設計してもらわないと保険料がどうなるかの情報も明確ではありません。また、マイナス金利が継続している現代では、たとえば一時払いの終身保険といった商品は取り扱わなくなってきている保険会社も多くなってきています。それで、次回は、現時点での情報で生命保険に関する情報を皆さんに提供します。

令和2年10月21日(水)

公認会計士

小林茂夫

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第31回 配偶者居住権を検討しよう

配偶者居住権は、平成30年の相続税法改正で作られた相続人である配偶者のみに認められた権利です。配偶者居住権とは、それまで居住していた建物全部に無償で住める権利をいいます。建物全体を使える権利です。注意すべき点としては、配偶者居住権が対象となる建物は、被相続人が単独所有していた建物に限られることです。配偶者以外の者と共有していた物件については対象となりません。 配偶者居住権ができた背景としては、平均

第30回 財産をコントロールしよう

相続税対策を検討するにせよ、家族信託の利用を検討するにせよ、ご自分の対象となる相続財産には何が幾らぐらいあるのかを把握しておかなければ始まりません。特に昨今は、平均寿命が延びてきており、自分が存命中にあといくらのお金を使うことができるかも知っておかなければ安心できません。平成元年のデータで、男性の平均寿命は81.4歳、女性の平均寿命は87.5歳となっています。これは平均寿命なので、実際に元気で活動

第29回 家族信託を検討してみよう

家族信託は、認知症対策として最近注目されてきています。具体的には、たとえば、認知症対策をしたい父親が息子に相続財産を管理してもらうために、信託契約を締結し、父親が認知症になった後も息子が父親の信託財産を管理できるようにする手法です。次のようなプロセスをたどっていきます。 1 信託契約の締結 父親を委託者兼受益者、息子を受託者として信託契約を締結します。この信託契約の締結により次のような効果がありま

アクセス

〒160-0023 

東京都新宿区西新宿3-9-7​      BIZ SMART 西新宿

 

電話&ファックス

電話番号  :03-3370-3833

ファックス: 03-3370-3833

連絡先

 kobayashishigeo@ms02.jicpa.or.jp